Now Loading...

WORKS

Varealでの役割、現在の仕事内容

技術開発部門 責任者として組織運営のあらゆることを社長他幹部メンバーとともに計画・実行しています。

各プロジェクトの横断的な技術アドバイスに加えて、いちエンジニアとしてお客様のプロジェクトに従事しており、技術者としての経験も積み重ねています。

一人でカバーする範囲としてはかなり広くなってしまっていますが、組織拡大の中での一過性のものであり、貴重な経験として前向きに捉えています。

ENVIRONMENT

責任者として心がけていること

社内が良い雰囲気を保てるように、メリハリのある組織にする為にどうしたら良いかを考えています。堅すぎず、緩すぎないというところですね。

社員同士で話がしやすい空気感が必要な一方で、会社としてお客様に失礼の無い振る舞いを自然にできるような節度のある緊張感とのバランスを模索しています。

VISIONS

Varealの技術面での良い点・改善点

受託開発がメインなので、様々な業種の案件に携わることができ、
Ruby on Rails に関連した様々な技術にチャレンジできます。 必然的に社外の開発者とのコミュニケーションも多くなり、業務知識も含めて知見が得られ良い刺激になります。

改善点としては個人の知識を組織内で共有する仕組みが薄い点ですが、これらは社内でのドキュメント共有を推進すること等で改善を図っています。

Direction

今後の技術面での目指す方向性

現代ではアプリケーション開発に関して利用できるサービスやライブラリ等非常に多く存在します。

お客様の必要とするシステムを素早く提供する為には、それらを正しく選択し利用できることが必要です。その為に必要な教養や基礎知識を備えた、堅実な技術者組織を目指したいです。

Who We Look For

求める人材像

即戦力を期待していますが、Ruby や Ruby on Rails 未経験で入社された方が多く在籍しています。 私も業務での経験はほとんど無いに等しい状態で入社しました。 その意味では、ここで言う「即戦力」の定義は「自走できる力」といったニュアンスです。

過去の経験を生かしながら、新しいことは自ら積極的に学んで活躍してもらえればと思います。 システム開発の現場では目の前の問題を多角的に捉え、自身の経験からそれらを検証し回答を導き出す論理的なプロセスが必要とされます。先入観にとらわれない、公平な視点を持ち、問題解決の過程を楽しめる人であれば、必ず活躍できます。

MESSAGE

技術者責任者としてメッセージ

VarealはRuby, Railsに特化した技術者集団です。 技術力にはお客様からも評価をいただいていますが、個人・組織ともにまだまだ成長途中です。

社内チャットや研修などを通じて、福岡・東京メンバーが互いにフォローし合い、切磋琢磨して技術力の向上に努めています。 それぞれ個性的で尊敬し合える面白い仲間がいます。 Ruby, Railsで開発がしたいという気持ちがあれば、ぜひご応募いただければと思います。 よろしくお願いいたします。