Now Loading...

Responsibility

現在の職場、仕事内容について教えてください。

福岡本社に2017年4月に入社し、2018年12月まで1年9ヶ月間、福岡で労務関連の社内の制度の仕組み化、経理業務、採用や人事評価制度の構築など行いました。2019年1月からは東京オフィスに転勤しました。 基本的な業務は同じですが、東京での採用活動の機会が増えてきたことや、会社の運営をスムーズにするための転勤です。

業務は労務管理と経理業務、採用活動全般が最も多いです。 その他だと、社内制度を考えたり、社内イベントの手配や会社運営上発生する様々な手続き全般、契約書のチェックなども行います。仕事内容は何?と聞かれても絞れないほど幅広い業務をやってると思います。いろいろな経験ができて楽しいですよ。

Reasons

入社の動機について教えてください

IT企業で労務の実務経験が積めることです。 最新の技術には昔から関心がありました。また、将来社会保険労務士として独立するために試験勉強を続けており実務経験を積める会社を探していたところ、たまたまVarealの求人を見つけてIT企業で労務の経験ができるのは一石二鳥だと思い応募しました。

面接は社長とエンジニアの方が対応してくださり、社長が将来の会社の展望を熱く語ってくださり興味が一層引き立てられて入社したいという気持ちが高まりました。

Memories

入社して一番良かったことはなんですか?

人事業務として採用活動に携わることで、「この人と働きたい!」と思った人が採用に至り、一緒に働けることです。 採用活動に携わると本当に多くの方と接することになります。面接では応募者がこれまでの人生、将来の夢、得意分野で活躍して世の中に貢献したいんだ。という熱い想いを自分の言葉で話されるときはいつも新鮮で楽しい気持ちになります。ワクワクしますね。

一方で会社と同じ方向性かどうかという点は非常に重要です。選考を通して、会社を一緒に大きくしたいという気持ちをもってくださる方との出会いがあるときは運命を感じます。 そんな方と同じ会社で夢を語り、会社が大きくなっていく実感が伴うときは採用活動に参加して良かったと心から思います。

Episode

仕事をする上で、一番心に残ったことにまつわるエピソードを教えてください。

ある日、経理上のミスに対して社長に怒られました。私自身、自分の誤りを反省し、改善と信用回復に努めました。後日、社長が、実は同様の誤りを過去にしたことがあり、苦い経験をしたのだというエピソードを語ってくださいました。 そのとき、叱責の背後にある情を感じたことが一番心に残ったエピソードです。

人の心に残るものは、その人が気づけるかどうかという問題でもあります。 なんでもない日頃の一言一言にその人の経験が反映していると思います。優しさで伝えているものをお節介だと感じるのではなく、優しさを素直な心で受け止め、人格と経験を分けて話を聞くことが寛容さにも繋がると思います。

Rewarding

仕事の面白さ、難しさややりがいについて教えてください。

会社が成長段階であることから変化に直面し続けることだと思います。 2017年4月に9名だった社員数が2018年4月には20名にまで増え、社内の仕組みも働く社員の雰囲気も会社を取り巻く様々な条件も大きく変わりました。

次々と新しいことに取組み、変革も改革あり、時には止める判断をすることもあります。 作り上げるという工程に当然ある苦悩だと感じると同時に、目まぐるしい状況に置かれる今は日々面白さと困難があります。 日常的に翻弄され続ける毎日は決して退屈せず、濁流の様に押し寄せる問題事は濃密な経験を積める良い機会だと思っています。

Personnel

求める人材像

自分の経験をまるごと活かす姿勢を持っている人。
会社を良くしようと全力を注げる人。
自分の責任で人生を生きる人。
思いやりの心を持っている人。
好奇心旺盛な人。
知識に貪欲な人。
世界平和と博愛の精神を大事にしている人。