Ruby事業

Ruby Ruby on Rails Development

Ruby on Rails での開発

Ruby on Rails での開発

私たちはRubyistです。

バレアルでは、柔軟で生産性の高い言語であるRubyとウェブ用フレームワークであるRuby on Railsを全面採用しています。また上流からプログラムの書けるエンジニアが参加することで、効率的な開発を行っています。

効率的で素早いウェブシステム開発の委託先をお探しであれば、バレアルへお任せください。

バレアルの技術者は全員がRubyistです。

Rubyとは

1993年、まつもとゆきひろ氏によって開発された、オブジェクト指向のプログラミング言語です。
初学者には優しく上級者にもかゆいところに手の届く柔軟かつ効率的な文法と豊富なライブラリにより、効率的なプログラミングができることが特徴です。
文字処理、ネットワーク機能が簡単に実現できるため、後述のRuby on Railsフレームワークを使用したウェブサイトの開発やその他様々なサーバサイド用アプリケーション用の言語として多く活用されています。

Ruby on Railsとは

2004年に登場したウェブシステム構築のための枠組み(フレームワーク)です。
複数のコマンドとソースコード、そして開発指針からなっており、Ruby on RailsがRubyでのウェブシステム開発におけるデファクトスタンダードとなってからRubyでのウェブシステム開発が世界中で急速に広がりを見せています。

Ruby on Railsでのシステム開発依頼(業務委託)について

Ruby on Railsでのシステム開発の場合、 (1)請負形態での契約(2)準委任形態での契約 があります。

(1)の請負で契約 の場合のメリットは、納期と開発内容が契約時に明記されていることから、開発内容(要件、設計の詳細)がはっきりしている場合には、納期と費用が早い段階で確定されることから、おすすめの契約形態です。

しかしながらRuby on Railsなどウェブ系システム開発の場合、多くは要件や詳細設計まで固まっておらず、開発途中で仕様の追加や変更が生じることがほとんどであることから、

(2)準委任形態で契約 するほうがメリットが大きいと考えられます。

準委任形態での契約の場合一人あたり(人月あたり)の費用と期間を定めて契約することから、当初は仕様が明確に固まっていなくても問題ありません。設計担当者との打ち合わせをしながら、効率的に開発を進めることが可能です。仕様が開発の途中段階で変更となった場合でも開発期間の延長を行うことで継続的に開発を進めることができます。

なおバレアルでは、

(1)請負形態での契約(2)準委任形態での契約 のどちらでもRuby on Railsでの業務委託を承っておりますが、開発規模が1人月未満程度の小規模での開発でないプロジェクトの多くは (2)準委任形態での業務委託形態 となっています。
Responsive Showcase 2

Ruby on Railsでの開発スタイル

バレアルでは、Ruby on Railsでのアジャイル型開発を標準開発スタイルとして採用しています。

アジャイル型での開発は、ウォーターフォール型と比較して

  • 素早く「動く」システムを開発する
  • 要件の変更に対し柔軟性に対応できる

といった特徴があり、「できあがったシステムが想定と大幅に異なる」という状況を未然に防ぐことができます。

Ruby on Railsでの開発見積について

弊社では請負開発のスタイルからラボ型開発スタイルを含む準委任スタイルなどプロジェクトに応じて様々な契約形態にて開発を行います。
契約形態図
Ruby on Railsでの開発を始めとするアジャイル型開発での場合、通常は下記の方法で見積もることが多く、弊社もこの方法で見積もりをしています。

見積もり金額 = (開発に必要な期間)x(開発に従事する人数)x(一人当たり1ヶ月の単価(人月単価))

システム開発後の運用・保守に関しては、システムの規模・サーバ台数に応じた月額料金により提供しています。
(クラウド上で運用する場合のシステム使用料はダウンロード容量などにより変化します。)

Responsive Showcase 2

詳しくは弊社までお問い合わせください。

Ruby on Railsでのサーバー保守ついて

  • システムの死活監視
  • 死活監視(生死監視)とは、コンピュータやシステムが動作しているかどうか外部から継続的に調べることです。
    バレアルでは「Zabbix」などの多機能なサーバ監視ツールを使用し、監視対象となるサーバーやネットワークなどのシステムリソースの状態を可視化、インシデントが発生したときに即座に対応が可能です。

  • サーバーのセキュリティ対策
  • サーバーは常に攻撃される脅威に晒されています。Webサーバーにセキュリティホールを残しておくことは危険であり、また、セキュリティホールは、公開Webサーバーを構成するOS、Webサーバー、Webアプリケーションなど構成要素の全てに存在する可能性があります。バレアルでは案件に合わせて最適なセキュリティ対策をご提案しております。

  • システムリソース計画の策定
  • ご依頼を受けてまず最初に行うこと、それがシステムリソース計画の策定です。品質、コスト、納期、顧客満足度の観点からプロジェクト全体の範囲やスケジュール、組織・要員を明確化しますので、安心してお任せいただけます。

Ruby on Railsでのアプリケーション保守について

  • 既存アプリケーションのメンテナンス
    • システムミドルウェアのセキュリティアップデート
    • アプリケーションのバージョンアップグレード
  • 既存アプリケーションの保守開発
    • バグ対応
    • 軽微な修正
    • 機能追加
Responsive Showcase 2

Ruby on Railsでの開発実績

  • ...

    人材マッチングウェブサイト
    (業種:人材紹介業)

    人材マッチングのウェブサービスです。
    開発と同時に運用保守も行っています。

    実装機能:全文検索システム、レコメンドエンジン、Webメール機能、ネットプリント連携、SalesForce連携、クローラ

  • ...

    オンラインチュータリングシステム
    (業種:教育/サービス)

    専用のクライアントソフトウェアを使用することなくPC用のブラウザのみで実現する講義予約/ビデオチャットシステムです。 開発と同時に運用保守も行っています。

    実装機能:ビデオチャット、ホワイトボード機能

  • ...

    生産管理システム
    (業種:製造業)

    紙媒体での指令書との統合や自動タスクスケジューリング機能を備えたシステムです。開発と同時に運用保守も行っています。

    実装機能:バーコード入出力システム、帳票発行、自動タスクスケジューリング、レガシーシステム統合

バレアルでのソフトウェア開発の流れ

バレアルでは要件定義から設計・開発、移行、運用まで一貫して行います。

Process1 お問い合わせください

まずは、お電話やメールなどからお問い合わせください。
その際、簡単な情報をお伺いいたします。開発システム / 開発規模 / 委託形態 / 希望納期など

Process2 ヒアリング・調査・見積もり

バレアルのご案内、プロジェクトやシステムの具体的な内容、ご予算などをお伺いいたします。
そのうえで費用、期間、人数、プロジェクトの委託開発の進め方などをご案内させていただき、各種ご相談に応じます。

Process3 発注・受託開発

御社よりご発注後、要件定義、仕様書の作成を行い、具体的な内容の意識統一を行います。
その後、開発に取り掛かります。1〜2週間ごとにシステム開発の進捗報告をさせていただき、必要に応じて仕様の調整を致します。

Process4 運用・保守

システムリリース後は1〜2週間ごとに使用感や改善点を伺い、システムの調整・改善を行うと共に、運用・保守を進めていきます。
改善後の状況を確認しつつ、より良いシステムへとアップグレードしていきます。

プロジェクトマネジメント支援

Responsive Showcase 2

ウェブシステム、あるいはアジャイル型開発の場合、プロジェクトのマネジメント力が不可欠です。
バレアルでは創業時からRuby、Ruby on Railsを使用したアジャイル開発を実践してきており、社内に様々なノウハウが蓄積されています。

はじめてのウェブシステム開発を行う企業様、システム開発の経験がない企業様にもコンサルティングサービスを提供しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

(東京)東京都港区麻布十番4丁目6-8 二進ビル 6F
(本社)福岡市博多区博多駅東1-17-1 福岡県東総合庁舎5階
web-contact@vareal.co.jp
(本社) 092-419-2498