1. DX支援サービス

    進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革する

  2. ソフトウェア開発サービス

    VAREALだからできる、RubyとRuby on Railsに特化した、素早く柔軟なソフトウェア開発

  3. AI関連サービス

    データ活用と機械学習を用いたビジネスの着実な深化を。

  4. クリエイティブサービス事業

    美しいだけではない
    機能的UI/UXと正しいコーディング。

  5. 自社製品のご紹介

    自社製品のご紹介

  1. 株式会社ミクシィ様 チケット販売サイトの開発支援

  2. 株式会社ドワンゴ様 e-learningシステム「N予備校」

  3. スカイライト コンサルティング様コーポレイトサイトリニューアル

  4. ハイブリィド株式会社 様 [ IT-Manager SD ]

  5. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  6. 株式会社 クリニカル・トライアル 様 希少疾患SNS「RareS.(レアズ)」

  7. オンライン家庭教師システム AIDnet

  8. 動画配信システム

  9. CMS導入

  10. 住民向け行政情報配信システム

  11. ECサイト

  12. 営業管理システム

  1. 開発コンサルティング

  2. 団体管理システム

  3. ITコンサルティング

  1. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  2. 生産管理システム

  3. 仮想化サーバー導入

  4. タブレット端末導入

  1. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  1. スカイライト コンサルティング様コーポレイトサイトリニューアル

  2. ハイブリィド株式会社 様 [ IT-Manager SD ]

  3. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  4. Vareal株式会社会社案内パンフレット

  5. 株式会社 クリニカル・トライアル 様 希少疾患SNS「RareS.(レアズ)」

  6. Vareal株式会社会社採用情報パンフレット

  7. Vareal株式会社中途採用情報サイト

  8. Vareal株式会社新卒採用情報サイト

Rubyでの開発について

実際に現在Varealで行なっている開発についてご紹介します。

アジャイル型開発を採用

Varealでは、Ruby on Railsでのアジャイル型開発を標準開発スタイルとして採用しています。
アジャイル型での開発は、ウォーターフォール型と比較して以下のような特徴があり、「できあがったシステムが想定と大幅に異なる」という状況を未然に防ぐことができます。

素早く「動く」システムを開発できる
実際に操作可能な「動く」システムを素早く開発ができ、ご確認が早い段階で可能なため、ご要望に沿って無駄なく開発を進めることができます。

要件の変更に対し柔軟性に対応できる
単体テストを自動化スクリプトによって行う文化のあるRubyでは、要件の変更に強いアプリケーションの開発が可能です。

少人数でも大規模な開発が可能
柔軟な変化が可能
一人ひとりの生産性が高いRuby on Railsでの開発であれば、少人数の優秀なエンジニアたちにより大規模な開発が可能です。

開発が少ないドキュメントで済む
Rubyはソースコードの可読性が高い上に少ない行数で多くのことを実現でき、またRuby on Railsでは「Rails way」といわれる定石に従い開発するためシステム設計の基盤については多く記述する必要がないため、比較的少ないドキュメントの作成量で済みます。

新技術をすぐに導入することができ、
常に最新にアップデート可能
Ruby on RailsはとてもメジャーなWeb開発フレームワークであるため、様々な新技術に対応する関連ライブラリが豊富に作成され、開発も活発であり、新技術をすぐに試すことができます。

ベースが既にできたフレームワークなので
実装に集中できる
重要なセキュリティ対策やDBへの抽象化されたアクセス方法の提供など、本来であれば開発の難しいアプリケーション基盤の部分を優れたフレームワークが実現してくれているため、開発者はアプリケーションにとって本質的に重要な部分の開発に集中でき、開発効率を高めることができます。

開発環境について

Gitリポジトリ
Github/Gitlabで管理しています。

プロジェクト管理
プロジェクトやお客様のご要望に応じ、Github / GitLab issue /Backlog / Redmineなどで管理を行います。

Rails/Rubyのバージョン
Rbenvによりバージョン管理を行い、既存のシステムは指定に沿って対応。新規案件の場合はお客様のご要望や使用GEMなどの互換性を考慮した上で最新安定版を使用いたします。

Gitブランチの運用
原則としてgit-flowに準拠します。

統合開発環境
RubyMineが推奨されています。

CIサーバー
主にGitLab CIを活用し、自動テストとデプロイを行っています。

コミュニケーションツール
Slack、Skype、Chatwork、メーリングリストやRedmineなどお客様の環境も考慮したコミュニケーションツールを使用します。

DBMS
プロジェクトによりますが、主にMySQLまたはPostgreSQLを使用しています。

サーバ環境
多くの場合Dockerを利用し、開発環境・本番環境ともにAWS上に構築します。プロジェクトによってはオンプレミスサーバを含めた他の方法を採用することもあります。

コーディングスタイル
Ruby on Railsのコーディングスタイルに準拠します。Slimやhamlなど時間短縮のために使用する場合もあります。

開発においての経験技術

フロントエンド


React, AngularJS, VueJS, jQuery, Typescript,Webpack, Babel, Bootstrap, haml, AndroidOS, iOS

バックエンド/サーバーサイド


Ruby(Ruby on Rails 3-5 / Sinatra) / C#(.NET), VB(.NET, 6)、C++, sh, nodejs

ミドルウェア


MySQL, PostgreSQL(PostGIS), SQLServer, Amazon Aurora, Redis, MongoDB, Neo4j

外部サービス


OpenID, SendGrid(SMTP/WebAPI), Apple/Android Push Notification, AWS(EC2, S3, Aurora, ELB,…), GCP, Azure, Paypal, Freee(WebAPI), Veritrans(MDK)…

テスト


RSpec(factory-bot, model, controller,feature), turnip, testCafe

開発用GEM


rubocop, rails-erd, seed_fu, pry-byebug, ruby-prof, webmock, web-console, guard, annotate, rack-mini-profiler…

開発環境/デブロイ


Docker, Vagrant, VirtualBox, Chef, Itamae, Capistrano

プロジェクト管理


Git(Github/Gitlab/Bitbucket), SVN, ITS(Backlog/Redmine/JIRA/Github)

Vareal開発チームの特徴

サーバサイドはRubyでの開発に特化しています

Varealは創業から10年以上、Rubyに特化して受託開発を行ってまいりました。
Ruby / Ruby on Rails についてさらに詳しい説明はこちらをご覧ください。

Rubyについて詳細はこちら

フルスタックエンジニア思考と少数精鋭での開発

無駄なコミュニケーションが不要なため、効率的に開発を進めることができます。

社内において活発にナレッジの共有が行われている

スタートアップおよびフルリモート案件を多く手がけており、社内において活発にナレッジの共有が行われています。

Vareal開発チーム編成

基本的には2名〜複数名のチームでご支援させて頂くラボ型でのプロジェクト参加となります。
1名からでも可能な場合もございますのでご相談ください。

企画から開発までワンストップ


弊社のRuby on Rails開発チームはエンジニアだけでなく営業・マーケティング担当者・デザイナーが一丸となってワンストップでプロジェクトを進めてまいります。それぞれの専門分野を熟知したスタッフが社内で連携を組んで作業を行うので、開発スピードが速く、意思疎通もスムーズです。
状況に応じて、こまめに打ち合わせを行い、各部門のリーダーが最適なご提案をさせていただきます。

開発においてのVarealの業務内容とフロー

受託プロジェクト開発

保守

受託プロジェクト開発

Step 01ヒアリング・打ち合わせ

お電話、メール、SNSを通してなど、まずはお気軽にお問い合わせください。
直接お会いする、またはインターネットを介してテレビ電話で、初回の打ち合わせを行います。
事前にご開示いただける資料等がございましたらお送りいただきます。
お客様のご要望を詳細にお伺いし、事前資料があればそちらにもとづいてご提案させていただきます。

お客様
VAREAL
Step 02お見積り・ご提案

今までのヒアリングやご提案内容から、正式なお見積り金額を掲示させていただきます。
お見積もりの時点では、まだ料金は発生致しません。
ご提案内容を検討頂いて、ご契約頂ける場合は契約書の締結をおこない、プロジェクトがスタートします。

お客様
VAREAL
Step 03開発スタート

ご契約内容(請負契約か準委任契約)によって業務範囲は異なりますが、開発の流れとしては
以下のようになります。
※あくまでも一例です。契約内容や案件内容により異なります。

1. 要件定義
お客様
VAREAL
2. システム設計
お客様
VAREAL
3.工数割出・見積り
お客様
VAREAL
4.Ruby on Rails開発・実装・動作確認テスト
お客様
VAREAL
5.本番環境へアップ
お客様
VAREAL
6.ドキュメント作成(必要に応じておこないます)
お客様
VAREAL

その他、全体を通して、開発進捗管理・お客様と共有(Github/Gitlab/Google Driveなどを使用)、お客様との調整(詳細仕様の確認、必須な資料の請求、動作確認依頼など)、納品後は必要に応じてシステム改善提案などを行います。

保守

開発後の運用保守も承っております。業務範囲とフローをご紹介します。

Step 04保守ご契約

お客様とご相談のうえ、運用・保守の内容を決定し、契約書の締結をおこないます。

お客様
VAREAL

Step 05 運用・保守スタート

契約内容に沿って運用・保守を開始します。対応範囲としては例として以下の通りです。お客様より保守の内容をご連絡頂き、Varealで対応します。作業が完了してお客様にご確認頂いた後、本番環境にアップします。

お客様
VAREAL

  • 障害対応・復旧(サーバー障害・プログラムバグによる障害など)
  • HTMLコンテンツ更新作業
  • 引き継ぎ資料等作成(Readmeなど)
  • お客様への連絡

Ruby on Railsでの保守について

サーバー保守について

システムの死活監視

死活監視(生死監視)とは、コンピュータやシステムが動作しているかどうか外部から継続的に調べることです。 バレアルでは「Zabbix」などの多機能なサーバ監視ツールを使用し、監視対象となるサーバーやネットワークなどのシステムリソースの状態を可視化、インシデントが発生したときに即座に対応が可能です。

サーバーのセキュリティ対策

サーバーは常に攻撃される脅威に晒されています。Webサーバーにセキュリティホールを残しておくことは危険であり、また、セキュリティホールは、公開Webサーバーを構成するOS、Webサーバー、Webアプリケーションなど構成要素の全てに存在する可能性があります。バレアルでは案件に合わせて最適なセキュリティ対策をご提案しております。

システムリソース計画の策定

ご依頼を受けてまず最初に行うこと、それがシステムリソース計画の策定です。品質、コスト、納期、顧客満足度の観点からプロジェクト全体の範囲やスケジュール、組織・要員を明確化しますので、安心してお任せいただけます。


アプリケーション保守について

受託プロジェクト開発

  • システムミドルウェアのセキュリティアップデート
  • アプリケーションのバージョンアップグレード

既存アプリケーションのメンテナンス

  • バグ対応
  • 軽微な修正
  • 機能追加

新規開発案件に関しては、公開から一定期間を保守を行うことも可能です。また正式に保守契約を結んでいただくことで、継続して担当スタッフがメンテナンスを行いますので、契約時や公開後におすすめしております。
弊社で開発を行っていないアプリケーションやシステムに関しても保守を行うことは可能です。
お気軽にご相談ください。

Ruby

  1. Ruby開発支援サービス

    - 優れた特性を持つ開発言語とフレームワーク -

  2. Rubyでの開発について

    実際に現在Varealで行なっている開発についてご紹介します。 アジャイル型開発を採用

  3. お見積り・ご契約形態について

    Rubyでの開発お見積について Ruby on Railsでの開発を始めとするア…