1. DX支援サービス

    進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革する

  2. ソフトウェア開発サービス

    VAREALだからできる、RubyとRuby on Railsに特化した、素早く柔軟なソフトウェア開発

  3. AI関連サービス

    データ活用と機械学習を用いたビジネスの着実な深化を。

  4. クリエイティブサービス事業

    美しいだけではない
    機能的UI/UXと正しいコーディング。

  5. 自社製品のご紹介

    自社製品のご紹介

  1. 株式会社ミクシィ様 チケット販売サイトの開発支援

  2. 株式会社ドワンゴ様 e-learningシステム「N予備校」

  3. スカイライト コンサルティング様コーポレイトサイトリニューアル

  4. ハイブリィド株式会社 様 [ IT-Manager SD ]

  5. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  6. 株式会社 クリニカル・トライアル 様 希少疾患SNS「RareS.(レアズ)」

  7. オンライン家庭教師システム AIDnet

  8. 動画配信システム

  9. CMS導入

  10. 住民向け行政情報配信システム

  11. ECサイト

  12. 営業管理システム

  1. 開発コンサルティング

  2. 団体管理システム

  3. ITコンサルティング

  1. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  2. 生産管理システム

  3. 仮想化サーバー導入

  4. タブレット端末導入

  1. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  1. スカイライト コンサルティング様コーポレイトサイトリニューアル

  2. ハイブリィド株式会社 様 [ IT-Manager SD ]

  3. ライオン株式会社様 パーソナライズされたレコメンドAIの開発

  4. Vareal株式会社会社案内パンフレット

  5. 株式会社 クリニカル・トライアル 様 希少疾患SNS「RareS.(レアズ)」

  6. Vareal株式会社会社採用情報パンフレット

  7. Vareal株式会社中途採用情報サイト

  8. Vareal株式会社新卒採用情報サイト

Webシステム開発とアプリケーション開発の違いとは。

Webにおけるシステム開発とアプリケーション開発は何が違うのでしょうか。
人によって捉え方も様々だと思いますが、この記事では開発を依頼する発注者の視点から
違いを考えていきたいと思います。

なお、前提知識がない人でも内容を理解できるように、平易な言葉で記載するよう努めています。

必要なWebサイトは?

Webサイトには簡単な内容を表示するだけのサイトもあれば、
商品の購入など複雑な処理を行うサイトもあります。大まかに分けて考えてみましょう。

開発パターン開発コスト更新の容易さデータベース要望対応の容易さ
サイト制作最も安価×
WordPress安価
パッケージカスタマイズ比較的安価
フルスクラッチ開発比較的高価

・開発コスト:開発が複雑になる程、高価になります
・更新の容易さ:ユーザーが容易にサイト上のコンテンツを更新できるかどうかを表します
・データベース:データベースを使用しているかを表します
・要望対応:カスタマイズなどの要望に容易に対応できるかを表します

サイト制作

例えば、芸能人の公式サイトなどは、ユーザーは情報を閲覧することしかできません。
訪問したユーザーに対して、単純に何らかの内容を表示するだけのサイトは、
静的なWebサイトと言えます。
複雑な操作が必要でない場合は、HTMLとCSSのみで構築することができ、
安価に構築することが可能です。

コンテンツの更新に関しては、直接HTMLを編集することになるため、
他の開発パターンに比べると面倒な作業になります。
頻繁に更新が必要な場合は、後述のWordpress等の利用を検討してください。
デザインなどの変更は可能ですが、サイトに動きをつけたい場合は別途工数がかかるため、
あまり向いていません。

使用技術HTML, CSS, Javascript
メリット短納期、安価
注意事項コンテンツの更新、ユーザーごとの購入情報などを保存することは不得手

弊社制作例はこちら

WordPress(CMS)

Webサイトであっても、運営者側でページを追加・更新する必要がある場合は、
Wordpress(CMS)を利用します。

WordPress自体はデータベースでページを管理していますが、通常ユーザーがデータベースのことを意識する必要はありません。
また、Wordpressは内部的にはPHPというプログラミング言語で作られているので、
カスタマイズとして簡単な商品購入等、機能を追加することもできます。
新規に機能を追加開発することもできますが、その場合は追加費用が必要です。
細かい要望がある場合は、後述のWebアプリケーション開発を検討してください。

使用技術PHP
メリットページをユーザーが簡単に更新できる、比較的安価に構築できる
注意事項細かな要望に対応しようとすると追加費用が必要になることも

また、WordpressはCMS(Contents Management System)ですが、
要望に応じてWordpress以外のCMSを構築することも可能です

弊社構築例はこちら

パッケージカスタマイズ

既存のパッケージを使用してWebアプリケーションを構築します。
使用するパッケージにもよりますが、ある程度のカスタマイズが可能です。
要望によってはパッケージそのものに修正・機能追加を行う場合もあります。

使用技術各種パッケージ
メリットパッケージを利用する分コストを抑えることができる
注意事項パッケージに依存するため、カスタマイズでは要望対応に限界がある

フルスクラッチでのWebアプリケーション開発

Ruby on Rails等のプログラミング言語を用いて、1から作成します。
(パッケージ等を用いずに開発することをフルスクラッチ開発と言います)

比較的長期の開発期間(2ヶ月〜)が必要になるケースが多いですが、
最も柔軟なシステムを構築することができ、細かな要望にも答えられます。

使用技術Ruby on Rails等, React.js, Vue.js
メリット細かな要望にも対応することができる
注意事項比較的長期の開発期間が必要になる

弊社開発例はこちら

Webシステム開発とアプリケーション開発の違いとは

広義にはWebにおけるシステム開発は、上記全てを含む場合があります。
(または、複数のアプリケーションを連結してシステムを構築する場合を特に指す場合もあります)

Webアプリケーション開発は、多くの場合DBとプログラミング言語を使用して1からで開発を行います。
必要になる機能やコストによっては、既存のパッケージをカスタマイズして開発することもあります。
Webアプリケーション開発という場合、静的なサイトやWordpress単独での開発は含まない場合がほとんどです。
逆にWebサイト制作は、DBを使用しないサイトの制作か、Wordpressでのサイト制作を指します。

VarealではWebサイト制作、Webアプリケーション開発のどちらも対応可能です。
それぞれのエキスパートが担当します。

クリエイティブサービス事業

ソフトウェア開発サービス